パーミストンがキター!

Home / 印刷. / パーミストンがキター!

 

はじめまして、 パーミストン

photo:01



なんで今まで知らなかったのか…
後悔するぐらい 素敵な商品 !!!
NHPと出会った時のような感動があったな。
今まではクロムローラーの油膜を取るのはジフでしたが、
パーミストンは粒子も細かく、なんか安心。
あと作業性もいい!!!
さぁ、みんなにススめよう!
って、他の人はすでに知ってるかぁ…

 

jump!jump!jump!

人気ブログランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
→ 木材・紙・印刷ランキングへ


→ 高知県ブログランキングへ

 

Comments(4)

  • babycute
    19 6月, 2012, 23:19  返信

    SECRET: 0
    PASS:
    ABCと新品パーミストンでペースト作って、リルサンを拭くと面白いですよw
    注・パーミストンは常に新しいものを(角が取れると性能落ちます)

  • 19 6月, 2012, 23:25  返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >babycuteさん
    ABCと新品パーミストンでペーストですね!
    やってみます!ありがとうございます。
    ただ、「角が取れると性能落ちます」とはどういうことですか???
    もしかしてパーミストンを買い間違えてしまいましたかな…
    僕が購入したのは「粉」のヤツです。
    どうしましょう…
    また教えてください~(T_T)

  • babycute
    21 6月, 2012, 00:08  返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >コイシさん
    パーミストンは石棒を粉にしたものです。
    角が取れるというのは、使ってみるとわかると思いますが、しばらく擦っていると落ちが極端に悪くなるんですね。これは粉が細かすぎるので、対象物に当たる面がなめらかになってしまう(片栗粉みたいな)ためだと思われます。
    これを称して「角が取れる」と。
    わかり辛くて申し訳ないです。

  • 21 6月, 2012, 01:32  返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >babycuteさん
    いつもありがとうございます。
    なるほど、粉の粒子の「角」ということですね。まだ使いはじめたばかりで実感してないですが今後の参考にさせていただきます。
    今日はロングランの仕事がありましたが、やはりスミの調量ローラーだけインキが絡みがちになります。もうこれはライフワークのようになってます。
    こらの対策が今後の課題です。
    いつもアドバイスありがとうございます。

Leave a Comment